世の中には様々な職業があるが、その中でも人気があるのが社労士である。社労士は社会保険労務士の略称で国家試験に合格しないと得ることができない資格である。

誰でも合格できるわけではなく、非常に難関と言える資格の一つであると考えられる。

職務としては、一般企業や中小企業における雇用関連の保険業務が主である。従業員が少人数の場合は、自社で雇用関連の事務を行う場合もあるが、従業員が多かったり、年間に複数回入れ替わる場合は、自社では無理がいくことが多いようだ。

雇用関係事務と一口に言っても、その事務内容は多岐にわたる。雇用保険や年金、健康保険、各種関係省庁への調査提出、退職向け保険等があげられる。

税理士と並ぶほどに非常に人気のある職種なだけにその需要は年々増加傾向にある。合格率も非常に低く、資格取得にはかなりの勉強が必要である。企業が存在している以上、その需要はなくなることはないが、社労士間の競争も激化しているので、企業する場合は特色を出して競争に勝つ必要がある。とりわけ社労士 東京で検索すると分かると思うが、実に多くの社労士事務所が存在することが分かる。資格を取ったからといって、簡単に仕事がくるわけではないのである。