太陽光発電!

太陽の力をエネルギーに!

Category: 情報

社労士はかなり需要の高い職業

世の中には様々な職業があるが、その中でも人気があるのが社労士である。社労士は社会保険労務士の略称で国家試験に合格しないと得ることができない資格である。

誰でも合格できるわけではなく、非常に難関と言える資格の一つであると考えられる。

職務としては、一般企業や中小企業における雇用関連の保険業務が主である。従業員が少人数の場合は、自社で雇用関連の事務を行う場合もあるが、従業員が多かったり、年間に複数回入れ替わる場合は、自社では無理がいくことが多いようだ。

雇用関係事務と一口に言っても、その事務内容は多岐にわたる。雇用保険や年金、健康保険、各種関係省庁への調査提出、退職向け保険等があげられる。

税理士と並ぶほどに非常に人気のある職種なだけにその需要は年々増加傾向にある。合格率も非常に低く、資格取得にはかなりの勉強が必要である。企業が存在している以上、その需要はなくなることはないが、社労士間の競争も激化しているので、企業する場合は特色を出して競争に勝つ必要がある。とりわけ社労士 東京で検索すると分かると思うが、実に多くの社労士事務所が存在することが分かる。資格を取ったからといって、簡単に仕事がくるわけではないのである。

ISMSに関する法律と規格改訂

ISMSに関する法律と規格改訂

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)は情報を効率的に扱い、情報の機密を守るシステムです。
現代の情報化社会に適応するためにISMSは様々な法律に関わります。

ここではISMSが関わる法律について紹介したいと思います。

ISMSが関わる法律の一つ目は個人情報保護法です。
2005年4月より施行されたこの法律は個人情報を守り、適切な取り扱いを義務付ける法律です。

Pマークに深く関わっている法律ですが、ISMSも個人情報を取り扱うため関係深い法律です。

またISMSと関わる法律が不正アクセス防止法です。
正式名称は不正アクセス行為の禁止等に関する法律ですが、略して不正アクセス防止法と呼ばれています。

2000年に施行されたこの法律はインターネットを通じて悪意のあるアクセスを規制する法律で、ISMSのセキュリティシステム構築に重要な役割を持っています。

また情報化社会の発展とともにIT関連の法律は整備されており、これからもISMSに関わる法律は誕生すると注目されています。

なお、2013年にISMSが行われました。今後は、こちらの形式での

© 2017 太陽光発電!

Theme by Anders NorenUp ↑